卒業すると資格が得られる|子供好きなら保育士の資格を取ろう|需要のある職業に就ける方法
文房具

子供好きなら保育士の資格を取ろう|需要のある職業に就ける方法

卒業すると資格が得られる

男女と男の子

選択肢が豊富

4年生の大学で保育士の資格を取ろうとすると福祉学部や家政学部、教育学部で学んでいくことになります。大学の卒業者が保育士として採用される場合は、最終的には公的な機関との調整役や、施設内でまとめ役になってほしいと期待されることが多くなっています。大学によっては、保育士の資格以外に幼稚園教諭の免許状を同時に取得ができるカリキュラムや、授業以外でも保育に関係するいろいろな講座を設けている大学もあります。保育士の資格を取得する人の大半は、短大や専門学校の出身者になっています。短大を卒業した場合は大学卒業者と違って、福祉施設の現場へ就職する割合が増えています。短大は保育士養成校の中でも数が多く、特色がある保育士の養成を行っていて、選択肢が豊富にあるのが魅力の一つです。

学校で違う入試

養成学校で学習をして保育士の資格を得るためには、まず大学に行くのか短大にするのか、専門学校にするのかを選ぶことから始めていかなければなりません。各学校での授業の内容や、入学するときの選抜の方法などよく調べてから受験することが、非常に大切になってきます。大学や短大では入学をする時の選抜方法が各学校によって、特色がある選抜方法をとっている学校もあります。特別推薦や一般推薦、一般試験や社会人を対象にした社会人入試など、受ける学校によって選抜方法が違ってきますので注意が必要になってきます。保育士の資格が得られるコースは大変に人気がありますので、そのようなコースがある学部や学科は、入試の倍率が高くなる傾向にあります。