生きる為のスペシャリスト|子供好きなら保育士の資格を取ろう|需要のある職業に就ける方法
文房具

子供好きなら保育士の資格を取ろう|需要のある職業に就ける方法

生きる為のスペシャリスト

カウンセリング

社会復帰のお手伝い

少子高齢化が進み、社会福祉の充実が期待されている今の日本。将来人の役に立つ仕事に就きたいと考えている皆さんも多いでしょう。そこで注目したいのが言語聴覚士です。話す、聞く、食べるという人間が生活していく上で欠かせない行動をサポートし、よりよい生活を送る事が出来るように手伝う仕事です。言語聴覚士がサポートする機能障害には様々な種類があります。脳卒中や脳機能障害により話したり書く事が難しくなるなどの失語症、唇や舌の動きが悪くなりろれつが回らなくなるような運動性構音障害、言葉や声を出しにくくなる吃音・音声障害、難聴などの聴覚障害、食物を咀嚼したり飲み込むのが困難な嚥下障害などがあります。

将来性あふれる国家資格

言語聴覚士は国家資格です。大学や短期大学、専修学校などで勉強し受験資格を取得します。資格取得後は医療現場は勿論、老人保健施設や老人ホーム、養護学校や障害者施設など、様々な分野で多くの言語聴覚士が活躍しています。社会福祉の充実が望まれる事から、これから更に活躍の場は広がって行くでしょう。その中でもこれから需要が期待されるのが学校の現場です。ことばの遅れなどを始めとする子供達の発達障害が今大きな問題になっています。子供の場合は早い段階で適切な訓練・指導を受ける事がとても重要なのです。障害を持つ人に寄り添い、一緒に機能回復を目指す言語聴覚士。まだ将来の道を考えていない皆さん、学校で専門知識を勉強し、あなたの知識を社会に役立ててみませんか。